香川県観音寺市でシステム開発

科学の世界は魔法の世界。

ちょいと質問してみます。

「魔法って信じる?テレパシーってあると思う?」

この質問への捉え方は皆それぞれだと思います。
よく昔から「虫の知らせ」「第六感」「予知夢」とか言ったりしますね。

なんにも言っていないのに、どーしてお前は気がつくんだよ!って感じで。

「大丈夫だよ」って言われるだけで根拠もなく頑張る力が出てきたりね。
これって魔法だよね。

「痛いの痛いのとんでけー」って言われたら痛みなんて忘れるよね。
ケアルだよ。ホイミだよ。

でも、そういう話はしないです。
オカルト的なことも、実は軽視できないくらい大事だけど、今回は違うです。

科学ネタです。

で、何から書こう?
じゃ、テレパシーから。

テレパシーってあれだよ。
遠くにいる人と、頭の中だけで会話しちゃうってやつ。
心に思ったことが、相手に伝わって、相手の思ったことがこっちにも伝わるの。

これ、実現可能。
今でこそ携帯電話を持って遠くにいる人と会話してるけどさ。
ちょっと考えてみよう。

携帯電話が超小型化されるとする。
物凄く小さくなって米粒くらいになっちゃう。

それをね、頭の中に埋め込むの。
それが脳神経とダイレクトに繋がって、頭の中で思っただけで電話がかけられちゃうの。
これって、まんまテレパシーじゃない??

ちまたで人気のアイフォンが超小型化されちゃったらすごいよ。
セカイカメラが、ダイレクトに脳と繋がることを想像してごらん。
で、人間ごとにもタグが付けられちゃうの。

もちろんプロフィール編集は個人個人でするだろうけどさ。
街に出てみれば、人間の頭の上に、年齢とか名前とかが浮かび上がってくるの。

そしたら面白い奴って絶対出てくるよね。
「日本人彼女募集中」とかって頭上にバルーンが出てたら笑っちゃう。

TVゲームとかもね。
今は指先の器用さで優劣が決まってしまうわけだけど、操作系がダイレクトに脳に繋がってみるとどうなると思う?
キャラクターが頭で思った通りに動くの。
そしたら、ゲームの強さって戦略、つまり頭脳戦になってくるよね。

「操作ミスったー」ってセリフがこの世から消える日が来るんだね。

まだ時間は掛かるだろうけど、こんなことが容易に想像できるくらいには、未来はいつの間にかこんなところまできてるんです。

広告