PHP7.2.13をCentOS6にソースインストール

覚書です。
ところどころ省いています。
実践環境で使う場合はご注意ください。

特徴

  • ソースコードからのインストール
  • 複数バージョンの共存

特定バージョンでの開発や動作確認など開発環境での用途を目的としています。

環境

実施日2018-12-14
サーバさくらのVPS 2G
OSCentOS 6.10
rpm -qa | grep centos-release
centos-release-6-10.el6.centos.12.3.x86_64

事前準備

PHP 7.2.13

/tmp/php-7.2.13.tar.gz

PHPダウンロードページからダウンロードして、/tmp にアップ

MySQL

事前にMySQLクライアントとして使うMySQLをインストールしておきます(インストール手順は別の記事で後日)

MySQLを使わない場合、他のデータベースを使う場合は、以降の configure を調整してください

libxml2

libxml2-2.9.8

PHP7.0.0からは 2.9.0 以上が良さそうです。
PHP Predefined Constants の 「Only available in Libxml」
ここにある定数を使わないなら古いバージョンでも動きます。

インストール

設定

DIR_SOURCE=/tmp
PHP_VERSION=7.2.13
MYSQL_VERSION=5.5.41
MYSQL_TITLE=mysqlnd
MYSQL_CLIENT=mysqlnd
MYSQLI_CLIENT=mysqlnd
MYSQLPDO_CLIENT=mysqlnd

事前準備

# /usr/local/src にディレクトリを作る
mkdir /usr/local/src/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE

# ↑で作ったディレクトリに移動
cd /usr/local/src/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE

# /tmp にアップしておいた tar.gz を移動
cp $DIR_SOURCE/php-$PHP_VERSION.tar.gz /usr/local/src/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php-$PHP_VERSION.tar.gz

# 解凍
tar xzf php-$PHP_VERSION.tar.gz

# 解凍先に移動
cd php-$PHP_VERSION

–with-imap を付ける場合

yum install libc-client-devel

–with-mcrypt を付ける場合

yum install libmcrypt-devel

configure

./configure \
–prefix=/usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE \
–program-suffix=-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE \
–with-config-file-path=/usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE \
–with-libdir=lib64 \
–with-pic \
–with-curl \
–with-freetype-dir=/usr \
–with-png-dir=/usr \
–with-jpeg-dir=/usr \
–with-gettext \
–with-iconv \
–with-layout=GNU \
–with-kerberos \
–with-unixODBC=shared,/usr \
–with-libxml-dir=/usr/local/lib/libxml2-2.9.8 \
–with-gd \
–with-zlib \
–with-mysqli=$MYSQLI_CLIENT \
–with-pdo-mysql=$MYSQLPDO_CLIENT \
–with-mysql-sock=/var/lib/mysql/mysql.sock \
–with-openssl \
–without-pear \
–enable-cgi \
–enable-mbstring \
–enable-cli \
–enable-zip \
–enable-gd-native-ttf \
–enable-exif \
–enable-ftp \
–enable-sockets \
–enable-sysvsem \
–enable-sysvshm \
–enable-sysvmsg \
–enable-wddx \
–enable-shmop \
–enable-calendar \
–disable-debug \
–with-imap=/usr \
–with-imap-ssl \
–enable-intl \
–with-mcrypt
yumインストールしたものを使うなら(バージョン古い)
--with-libxml-dir=/usr

インストール

make
make test
make install

パスを通す

# セット
echo 'PATH=$PATH:'”/usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE”/bin >> /etc/profile.d/php.sh
echo “export PATH” >> /etc/profile.d/php.sh

# 確認
cat /etc/profile.d/php.sh

# 反映
source /etc/profile.d/php.sh

php.iniを設定

# php.ini-development を php.ini としてコピーして配置
cp /usr/local/src/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php-$PHP_VERSION/php.ini-development /usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php.ini

# タイムゾーンを Asia/Tokyo に変更
sed -i -e “s/^;date\.timezone =[^A-Za-z]*$/date.timezone =/g” /usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php.ini
sed -i -e “s/^date\.timezone =[^A-Za-z]*$/date.timezone = Asia\/Tokyo/g” /usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php.ini

# mysql のパスを変更
sed -i -e “s/^mysql\.default_socket =$/mysql.default_socket = \/var\/lib\/mysql\/mysql.sock/g” /usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php.ini
sed -i -e “s/^mysqli\.default_socket =$/mysqli.default_socket = \/var\/lib\/mysql\/mysql.sock/g” /usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php.ini
sed -i -e “s/^pdo_mysql\.default_socket=$/pdo_mysql.default_socket = \/var\/lib\/mysql\/mysql.sock/g” /usr/local/lib/php-$PHP_VERSION-mysqlc-$MYSQL_TITLE/php.ini

確認

# php.iniのタイムゾーン
grep -E 'date.timezone|default_socket' /usr/local/lib/php-7.2.13-mysqlc-mysqlnd/php.ini

# php.ini
vi /usr/local/lib/php-7.2.13-mysqlc-mysqlnd/php.ini

バージョン

php-7.2.13-mysqlc-mysqlnd -v
PHP 7.2.13 (cli) (built: Dec 14 2018 00:30:56) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

あとがき

mysqlnd について
昔はMySQLクライアントを複数から選択できていたので、「php-バージョン-mysqlc-クライアント」のようにしていたけど、もうmysqlnd一択みたいな感じなので名前に入れなくても良いかなと思います。
詳しくはこのあたり

インストール > 設定の MYSQL_VERSION と MYSQL_CLIENT は使っていないので不要ですね。
どちらも過去のPHPの名残りです。

広告