香川県観音寺市でシステム開発

CentOS 7 にMySQL5.7.31をソースインストールする

CentOS 7 にMySQL5.7.31をソースインストールしていってみたいと思います。

今回のこだわりポイントは「複数バージョンの同居」です。

まずは第1弾として、MySQL5.6.48をインストールしました。
次に第2弾として、MySQL5.5.62をインストールしました。

続きまして次はMySQL5.7.31の番です。

なお本番環境で利用される場合はここにある内容だけを鵜呑みにせずセキュリティ専門家に相談されることをお勧めします。

環境

実施日2020-10-22
サーバローカル環境 開発用サーバ
OSCentOS 7.8
cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)
rpm -qa | grep centos-release
centos-release-7-8.2003.0.el7.centos.x86_64

MySQLをインストールする準備

事前準備がまだの場合は先に▼をご覧ください。
こちらが済んだ前提で進めていきます。

https://aulta.co.jp/archives/8043

ファイルのダウンロード

https://downloads.mysql.com/archives/community/

「Product Version」「5.7.31」を選択。
「Operating System」は「Source Code」を選択。

下から2番目「mysql-5.7.31.tar.gz」の欄にある「Download」を押さずにリンク先URLを取得します。

Google Chrome なら「Download」ボタンを右クリックして「リンクのアドレスをコピー」です。
で、URLがこちら▼。URLは後で使います。

https://downloads.mysql.com/archives/get/p/23/file/mysql-5.7.31.tar.gz

インストール

変数の設定

MYSQL_PORT_NO=55731
MYSQL_VERSION=5.7.31
MYSQL_CHARACTER_SET=utf8mb4
MYSQL_COLLATION=utf8mb4_general_ci
MYSQL_BOOST_DIR=/usr/local/lib/boost1.74.0
MYSQL_DATA_BASE_DIR=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION
# (開発用) MYSQL_DATA_BASE_DIR=/mnt/wd2tb/lib/mysql/mysql-$MYSQL_VERSION

※MYSQL_BOOST_DIR
MySQL5.7から必要になったっぽい。
まだインストールしていない場合はこちらを参考にインストール

インストール

# 確認
ls -la /usr/local/src

# インストールディレクトリ作成
mkdir -p /usr/local/src/mysql-$MYSQL_VERSION

# 移動
cd /usr/local/src/mysql-$MYSQL_VERSION

# ソースコード取得
wget https://downloads.mysql.com/archives/get/p/23/file/mysql-5.7.31.tar.gz

# 解凍
tar xzf mysql-$MYSQL_VERSION.tar.gz

# 移動 (後から一気に飛んでくるためにフルパス)
cd /usr/local/src/mysql-$MYSQL_VERSION/mysql-$MYSQL_VERSION

# インストール
cmake . \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION \
-DDEFAULT_CHARSET=$MYSQL_CHARACTER_SET \
-DWITH_EXTRA_CHARSETS=all \
-DDEFAULT_COLLATION=$MYSQL_COLLATION \
-DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE=1 \
-DWITH_PIC=1 \
-DSYSCONFDIR=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION \
-DMYSQL_DATADIR=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/data \
-DDOWNLOAD_BOOST=1 \
-DWITH_BOOST=$MYSQL_BOOST_DIR

make
make test
make install

# クライアントのインストール
cd client
make
make test
make install

# オーナーを変更
chown -R mysql:mysql /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION

# ディレクトリを作成
mkdir -p $MYSQL_DATA_BASE_DIR/data
mkdir -p $MYSQL_DATA_BASE_DIR/tmp
mkdir -p $MYSQL_DATA_BASE_DIR/logs
chown -R mysql:mysql $MYSQL_DATA_BASE_DIR

# ファイルの作成
touch $MYSQL_DATA_BASE_DIR/logs/mysqld.err
chown -R mysql:mysql $MYSQL_DATA_BASE_DIR/logs/mysqld.err

# データディレクトリの初期化
# MySQL5.7.6 から変更。mysql_install_dbは廃止になった。
# 最後に root パスワードが表示されているので控えておく
# 表示されてないときはログファイルを探してみる(mysqld.errに書かれてた)
/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysqld --initialize \
--user=mysql \
--basedir=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION \
--datadir=$MYSQL_DATA_BASE_DIR/data

# my.cnf
ls -la /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION
# なかった cp /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf.backup
cp /root/template_my.cnf /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# 確認
cat /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# my.cnf : ポートの変更
sed -i -e "s/\[_PORT_NO_\]/$MYSQL_PORT_NO/g" /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# my.cnf : バージョンの変更
sed -i -e "s/\[_MYSQL_VERSION_\]/$MYSQL_VERSION/g" /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# my.cnf : データディレクトリの変更
sed -i -e "s@\[_MYSQL_DATA_BASE_DIR_\]@$MYSQL_DATA_BASE_DIR@g" /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# my.cnf : 文字コードの変更
sed -i -e "s/\[_CHARACTER_SET_\]/$MYSQL_CHARACTER_SET/g" /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# 手作業での調整
vi /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# リンク
ln -s /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/lib /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/lib64

とりあえず確認

/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysql -V
/usr/local/lib/mysql-5.7.31/bin/mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.31, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

初期設定

自動起動設定

cp /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/support-files/mysql.server /etc/rc.d/init.d/mysql-$MYSQL_VERSION

chkconfig --add mysql-$MYSQL_VERSION

chkconfig --list mysql-$MYSQL_VERSION

手動起動

# 手動起動
/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysqld_safe --defaults-extra-file=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf &

# 停止
/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysqladmin --defaults-extra-file=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf shutdown

# 強制停止
ps ax | grep mysql
kill -TERM 番号

起動したあとは使えなくなるので、もう一個ターミナルを起動して操作

rootで接続

/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysql -u root -p
SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('rootパスワード');
use mysql;

delete from user where user = ";

flush privileges;

show variables like 'character_set%';

quit;

rootユーザーをリモート接続できるようにする

とはいえどこからでもじゃなく、指定したIPアドレスからだけ許可します。

/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysql -u root -p
use mysql;

# 確認
select user,host from mysql.user;

# 登録
grant all privileges on *.* to root@"192.168.xxx.xxx" identified by 'rootパスワード' with grant option;

# 確認
select user,host from mysql.user;

quit;

次の2カ所は変えてください

  • root@”192.168.xxx.xxx”
  • rootパスワード

CentOS7のファイアーウォールにmysqlのリモート接続を登録します。

firewall-cmd --permanent --zone=public --add-rich-rule="rule family="ipv4" source address="IPアドレス" port protocol="tcp" port="ポート番号" accept"

systemctl restart firewalld.service

次の2カ所は変えてください

  • IPアドレス ・・・ 接続するPC (192.168.x.x)
  • ポート番号 ・・・ MySQLのポート番号(55562)

手動起動を停止する

/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/support-files/mysql.server stop

よく使うコマンド

MYSQL_VERSION=5.5.62
MYSQL_DATA_BASE_DIR=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION
# (開発用) MYSQL_DATA_BASE_DIR=/mnt/wd2tb/lib/mysql/mysql-$MYSQL_VERSION

# 起動
/etc/init.d/mysql-$MYSQL_VERSION start

# 停止
/etc/init.d/mysql-$MYSQL_VERSION stop

# 手動起動
/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/bin/mysqld_safe --defaults-extra-file=/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf &

# 手動停止
/usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/support-files/mysql.server stop

# 設定確認
vi /usr/local/lib/mysql-$MYSQL_VERSION/my.cnf

# エラーログ
tail -n 100 $MYSQL_DATA_BASE_DIR/logs/mysqld.err

# 自動起動設定
chkconfig --list mysql-$MYSQL_VERSION
# 終了
quit;

# パスワード変更
ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED BY 'rootパスワード';

# 文字コードの確認
show variables like 'character_set%';

広告