USBからWindows10をインストールする準備

Windows10では、インストール用メディアを自分で作成できるようになっています。
ここでは、USBメモリからWindows10をインストールするための準備を行っていきたいと思います。

必要なもの

インターネット接続のあるパソコン

Windows10のインストール用メディアはパソコンを使って作成しますので、まずはパソコンが必要です。
インストールデータはインターネット経由でダウンロードしてくるのでインターネットに接続している必要があります。

USBメモリ

8GB以上の容量のあるUSBメディアが必要です。
※USBの代わりにDVDで作ることもできますがここでは省略します。

USBの代わりにDVDとして作成することもできます。
ISOファイルやDVDメディアとして作成したい方は「ISOやDVDからWindows10をインストールする準備」をご覧ください。

ツールのダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

▲マイクロソフトのサイトからダウンロードできます。
下図の画面になります。

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックすると「名前を付けて保存」になりますので、「保存」を押してダウンロードします。

下のプラスの2番目「このツールを使用して、別のPCに・・・」をクリックすると詳しいことが書いていますので、興味あるかたはお読みください。

インストール用メディアを作成

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動します。
2019年11月3日現在だと「MediaCreationTool1903.exe」というファイル名になります。

▲準備ができるまで少しお待ちください

少し待ちます。

▲適用される通知とライセンス条項

内容を確認して、同意できる場合は右下の「同意する」を押します。

▲実行する操作を選んでください

他のパソコン用のメディアを作成していくので、2つ目の「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュ ドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選びます。
「次へ」をクリックします。

▲言語、アーキテクチャ、エディションの選択

「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外すと、言語・エディション・アーキテクチャのロックが外れ選択できるようになります。

上図のとおり、言語は日本語、エディションはWindows10、アーキテクチャは64ビット(x64)を選択します。

「次へ」をクリックします。

▲使用するメディアを選んでください

USBメモリに入れたいので、「USBフラッシュドライブ」を選択します。
ISOファイルやDVDメディアとして作成したい方は「ISOやDVDからWindows10をインストールする準備」をご覧ください。

「次へ」をクリックします。

▲USBフラッシュドライブを選んでください。

USBメモリを刺してなかったので、一覧に出てきてません。

ということで、USBメモリを刺して、「ドライブ一覧を更新する」をクリックします。

差し込んだUSBメモリが出てきたのでクリックします。

「次へ」をクリックします。

▲Windows10をダウンロードしています

▲ダウンロードを検証しています

▲Windows10のメディアを作成しています

▲USBフラッシュドライブの準備ができました

USBメモリを選択して「次へ」をクリックしてから、だいたい16分でした。

USBメモリの取り外し

USBメモリはいつもの方法で取り外したらOKです。

インストールメディアを作成したあとは

インストール用USBができたので、新しいパソコンに差してクリーンインストールを!・・・といきたいところですが、Windows10をインストールするにはもう一つ用意しなければならないものがあります。

それが「ライセンス」です。

ライセンスの購入方法については「Windows10のライセンス・プロダクトキーを購入する」をご覧ください。

ライセンスの準備が整ったら

Windwos10のインストール手順については「Windows10 Pro 64bit をインストールする手順」をご覧ください。

広告