Windows10でMacのキーボードを使っていたら、Windows Updateして設定が元に戻った件

状況

Windows10 で、キーボードだけはMacのキーボードを使っています。

Macのキーボードはそのままでは使いづらいところがあるので、一部のキーの設定を変えていました。

「Windows 10 Creators Update」が来ていたので、Windowsアップデートを行ったところ、キーボード設定が元に戻りました。
アップデート自体は、30分くらいかな?で終わりました。

解決策

以前やっていたのと同じ設定をやり直しました。
Windows 10 Creators Updateで、設定がリセットされたようです。

KeySwap for XP というソフトで設定をします。

WindowsでMacのキーボードを使う方法

まずはMacのキーボードを手に入れます。

個人的には、USB接続で、テンキー付きが好みです。
USBにこだわるのは電池切れの心配がないことで、テンキー付きはなんとなくあったほうが便利なときもあるからです。

パソコンにMacのキーボードを接続したら、CTRLキーとALTキーが意味わからん感じになってると思います。
ので、これを入れ換えます。

KeySwap for XP というソフトダウンロードし、適当な場所に解凍して配置します。

KeySwap.exe を右クリックして「管理者として実行」を押します。

まずは結果ですが、下図のようにしています。

左のNo「1」の「キー名」欄をクリックして、キーボード左下の「option」キーを押します。
KeySwap画面上にあるキーボードの左下の「Ctrl」をクリックします。
これで、「option」キーを押したら「Ctrl」キーを押したことになります。

同じように、No「2」の「キー名」欄をクリックして、キーボード左下の「command」キーを押します。
KeySwap画面上にあるキーボードの左下2番目の「Win」をクリックします。

No「3」は、「control」キーを押して、「Alt」キーにします。
変な場所に「Alt」が来ますがとりあえずしょうがないのと、私の好みなので他の位置が良ければ他で良いと思います。
ちなみに、キーボードのスペースの両隣「英数」キーと「かな」キーは何故か設定できません。
設定できれば「英数」キーの位置に「Alt」が来れば良いのですが・・・タブキー下のAltにもう慣れたので個人的にはどっちでも良いです。

ここまででだいたい普通のwindowsキーボードと同じように使えます。

と言いたいところですが、1つ困ったことがあると思います。

「半角/全角」キーはどこ?

そう、日本語・英語の入力を切り替える「半角/全角」キーがありません。

「esc」キーがあるからこれを「半角/全角」にすれば良いと思いたいところですが、個人的に「esc」キーがないと困るのでそういうわけにもいきません。
どこか適当に、右側の「command」とか「option」とか、右上の「F13~F19」あたりに設定しても良いと思います。

※KeySwapの設定が終わったら、windowsの再起動が必要です。再起動後、設定が有効になります。

私の場合は、CTRLキー(optionキー)とスペースキーの同時押しで切り替わるようにしています。
たしか、Macだと「commandキーとスペースキー同時押し」で切替でしたっけ。

で、Macの話も混ざってくるのですが、Mac側は optionキーとcommandキーを入れ換えているので、Macでもoptionキーとスペースで切替になっています。
この配置は、iPhoneとかiPadとかでブルートゥースでキーボードを繋げたときも、同じだったと思います。
ということで、windowsでもMacでもiPhoneでもiPadでも同じ方法(optionキーとスペースキー同時押し)で日本語・英語が切り替わるようにしていたという経緯があります。

※CTRL + C、CTRL + V とかするときも、windowsと同じキーでコピペできます。
※Synergyでwinからmacに繋げているのでもう少し設定をいじったようないじっていないような・・。

あ、で、windowsで、「ctrl+スペース」で切り替える方法ですが、右下の時計の横に「あ」または「A」があると思います。
これを右クリックして、プロパティ、詳細設定、編集走査 > キー設定 > 変更 で、CTRL+SPACE を IME-オン/オフ です。

 

何故にMacのキーボード?

キーボードの打ち心地が良いからです。

最初購入したiMac(2010)には、テンキーなしの無線タイプが付属していました。
このときはすぐに、Synergyでwindowsからmacに繋いでいたのでmacのキーボードを使うことはほとんどありませんでした。

ただ、たまにしか使わないですが打ち心地の良さは感じていました。

しばらくして、windowsのキーボードを買い替えようとしたときにMacのキーボードを発見したので試しに購入してみました。

次に購入したiMac(2015)はキーボードが選択できたので「USBタイプのテンキー付き」を選択しました。
これもSynergyでキーボードはいらないので、別のパソコンにつないで使っています。

ちなみに、メインで作業しているパソコンはWindows10です。
iPhoneアプリを作るときとか目的次第でMacは活躍しています。

広告