GitLab CE のバックアップ設定

2017年6月29日(約6年前)の記事となっております。色々ご注意ください。

ローカル環境で構築していた GitLab をさくらVPS 4GB に引っ越したときの記録です。

本記事の公開は2022年ですが、社内ブログからの転載であり内容は2017年当時のものとなっております。

バックアップ設定

  1. gitlabからバックアップを作成
  2. バックアップディレクトリに移動
  3. 権限を変更

vi /root/cron/backup_gitlab.sh
#!/bin/sh

gitlab-rake gitlab:backup:create
rm -rf /backup/gitlab/*
mv /var/opt/gitlab/backups/* /home/backup/backup/gitlab
chown backup:backup /home/backup/backup/gitlab/*
chmod 0700 /root/cron/backup_gitlab.sh
crontab -e
MAILTO="intra-cron@example.com"
MAIL_PRE_SUBJECT="Cron example.com"
0 5 * * * /root/cron/backup_gitlab.sh | Mail -s "${MAIL_PRE_SUBJECT} cron settings" $MAILTO

導入サポート・運用サポート

ということで宣伝です。

弊社ではPHP・MySQL・javascriptを使ったWebサイトを得意としています。
これらは2005年頃から触り続けてきていることもあり得意中の得意です。

Git については2012年頃から、GitLab は2014年頃 GitLab 6.8 のときから使い続けています。
ちなみに Github は取引先の都合で使用することはもちろんあります。

1日で完了する簡単なことから、半年・1年規模のものまで幅広く承っています。
特にプログラム開発が必要になるようなカスタマイズは遠慮なくご相談ください。

フロントの見た目に関わるところはデザイン会社が担当、裏方の技術部分を弊社が担当するケースもあり柔軟に対応することができます。

メールやSNSなどのメッセージで簡単に連絡いただいたあとで、電話していただけると確実です。(お問い合わせ