VMwareを準備する

開発用や実験用に、普段お使いのコンピュータを仮想化して、新しいOSをインストールします。
このページの内容は、VPSや専用サーバでは不要です。

VMwareとは?

VMwareとは、お手持ちのコンピュータに仮想化環境を作るためのソフトウェアです。

論より証拠。次の画像は、私のmacのスクリーンショットです。

右下にある、水色の部分は、windowsXPです。また、その上側に、黒い画面が2つあります。これら1つ1つで、CentOSが動いています。

物理的には1台のmacで、windowsXPが1つ、CentOSが2つ動作しており、それぞれのOSには、クリック1つでその中のOSを操作することができるようになっています。

ちなみに、左上のウィンドウは、VMwareのコントロールパネルです。現時点で4つのOSを構築しているため4つ分表示されているのが確認できるかと思います。

このように、ある程度のスペックのコンピュータが手元にあれば、1台のコンピュータの上で他のOSを実行させることができるようになります。

windowsにVMwareをインストールする

http://www.vmware.com/jp/products/player/overview.html

上記URLより、ダウンロード画面に移動できます。

VMwareには、製品版など種類がありますが、「VMware Player」であれば、個人利用、および非商用利用に限り無償で利用することができます。

詳しい使い方などにつきましては、「VMware Player インストール」などで検索いただければ有意義なサイトが見つかるかと思います。

macにVMwareをインストールする

macの場合は、「VMware Fusion」を利用することになります。

http://www.vmware.com/jp/products/fusion/overview.html

上記URLは、VMware Fusionの公式サイトです。

mac版のVMwareには、無料で使える製品が無いようです。

VMware Fusionは、30日間の無償評価期間があり、この期間内ですと無料で利用することができます。

ダウンロード購入する場合ですと、2011/04/02時点で最新のVMware Fusion 3は、7,980円となっております。

http://www.act2.com/products/fusion3.html

上記URLより、購入ページに移動できます。

※リンク先は、VMware Fusion 3 で、2011/04/02時点での最新版です。ご購入時はその時の最新版をよくご確認ください。

LinuxでVMwareをインストールする

linux版には、windowsと同じく「VMware Player」があり、無償で利用できます。

導入や使い方につきましては、「linux vmware player」と検索いただければ有用なサイトが見つかることと思います。

広告