git status コード 128 が表示されて壊れたとき

状況

Windows10 Pro を使っています。
Eclipseでコードを書き、Eclipseからコミットしています。
プッシュとかマージとかログの閲覧とかはソースツリーかGitLabを使ってます。

長いこと触っていなかったプロジェクトに変更依頼が入ったので、ソースツリーを起動し過去のことを思い出しつつ、Eclipseを起動し、変更を加えました。
小さな変更でしたのでスグに変更は完了し、動作確認もして順調に進んでいました。

変更した内容をコミットしようとしたその時、スピーカーからピコピコピコーーーんって・・・

なんだろうと思いつつも、Eclipseで「Gitステージング」を開いてみるのですが、そこにあるべきものがありません。
「ステージされていない変更」「ステージされた変更」に何もでてきません。

ふと隣に開いていたソースツリーに目をやるとなにやら小窓がたくさんでてきてました。(さっきの音の正体)
※スクリーンショット取っておけばよかったですが撮れてません。

小窓には「git status コード 128 ・・・」のような内容が書かれていました。

とりあえず「git status コード 128」でGoogleしてみると解決策を書かれている方が見つかりました。
http://executing.hatenablog.com/entry/2014/06/11/234730

解決方法は分かったけど・・・

あるファイルを削除して、リセットさせればいいんだな、と方法は分かったんですけど、どうやって?コマンド?打つの?ってなりました。

そういえば、WindowsでGitコマンド使ったっけ?
むかーしCygwinからやった記憶はある。
面倒だなーと思いますね。
以前はコマンドからgit使ってたんでそれ自体には抵抗ないんですが・・・環境の準備がね。。

で、おもむろに、win + R => cmd => Enter ってしてみまして
git --version => Enter ってしてみたんです。

!!!
あ、入ってた。コマンドプロンプトから普通に使えるっぽい。
Eclipseもソースツリーも「Git」本体をどうこうって意識しないので(準備しなきゃ)使えないって思ってました。

ここで「git version 2.9.2」について調べてみました。
2.9.2 っていうと、2016年9月みたいですね。
C:\Program Files\Git に見つかったんですが、ここにあるファイル達のタイムスタンプも2016/9/16なので、この日にインストールしていたっぽいです。
Googleカレンダーとか過去のメールを読み返して、そのあたりの日に何やってたか思い出してきました。

ちなみに入っていたのはgit for windowsで下記URLからダウンロードできます。
https://git-for-windows.github.io/

解決する手順

1.いろいろ終了

Eclipseとソースツリーは終了させておきます。念のため。

2.ファイルの削除

.gitフォルダの下にあるindexファイルを削除
エクスプローラから普通に開いて普通に削除しました。

3.Gitのリセット

※ 下記はD:\projects/example/.git になっている場合です。

1.winキー と R キーを同時押し
2.cmdを打ち、Enterキー

3.d: と打ち、Enter
4.cd D:\projects/example と打ち、Enter
5.dir と打ち、Enter
6.git reset と打ち、Enter

4.確認

ソースツリーを起動してみます。
正常に戻ったようです。

Eclipseを起動してみます。
正常に戻ったようです。

さきほどの続きの作業再開です。
Eclipseから変更をコミットして、ソースツリーからプッシュして作業完了です。

広告