「詩」を書いてみた。

モバゲーの「おたけび」に書こうと思ったんだけど、
字数制限で拒否られたから、それならばってことで「詩」っぽく作ってみたさ。

– – – – – – – – –
【少しずつ】

どこに向かっているの?
そこに道はあるの?

キミには見えているんだね。
ボクにも見えるようになるのかな。

桜が咲いたよ。

花火がキレイだよ。

お祭りが賑やかだよ。

雪だるまを作ろうよ。

ねぇ。

どこに向かっているの?
そこに道はあるの?

キミには見えているんだね。
ボクにも見えるようになるのかな。

少し分かってきたよ。

キミの見ている道が。

隣を歩いても良いかな?

一緒に歩きたいんだ。

ねぇ。

そこへ行きたいの?
こっちの道だよね。

キミがいつも見ていた道。
ボクにも見えるようになってきたよ。

– – – – – – – – –

んーー。
もうちょい練ったほうがいいかな?
なんかもっと良い言葉があるんじゃないかと思ってしまう。

「道」という言葉。
これを何に置き換えるのかは、受け手次第です。

あーーー、でも、んーーー・・・。

・・・以下略(^^;)