[Utility.php] キャッシュファイルの使用サンプル 1

前回までに、キャッシュファイルを作成する関数と、キャッシュファイルを読込む関数を作成しました。

それでは、実際の使用例を紹介いたします。
使用例は2つあります。

  • プログラムで動的に変化する箇所”だけ”をキャッシュする方法
  • 出力内容全て・・・つまりブラウザに返却するHTMLデータまるごとキャッシュする方法

今回は、

プログラムで動的に変化する箇所”だけ”をキャッシュする方法

を掲載いたします。

まずは、次のプログラムをご確認ください。

$title
 , "description" => $description
 , "keywords" => $keywords
 , "lastModified" => $lastModified
);

// キャッシュファイルに書込む
saveCacheFile($fileName, $headers, $outputData);

// 出力内容を組立ててブラウザに出力
?>
 
  <title></title>
  &lt;meta name=&quot;keywords&quot; content=&quot;"&gt;
  &lt;meta name=&quot;description&quot; content=&quot;"&gt;

$outputData には、データベースなどから組み立てたデータが格納されます。
いわば、該当のページの中でメインのコンテンツとなる部分です。
動的に変化する割合が一番大きな箇所です。

この部分を、キャッシュファイルとして保存するパターンです。
最小限の動的な部分だけをキャッシュすることになるので、キャッシュファイルのサイズを小さくすることができます。

次回は、 <html> ~ </html> まで出力内容すべてをキャッシュする方法です。

広告